読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はこたつで丸くなりたいけど、こたつがないからストーブで丸くなっている、その時ミツバチは!?

 11月24日、東京では54年ぶりに11月に積雪を観測ということで、とんでもなく寒い1日が突然やってきた。

 

 さてさて、我らがミツバチさんたちは断熱材に覆われた巣箱に居住しているとはいえ、両方ともに弱群であるために、冬が乗り切れるか心配。

 ヒーターを導入するなど計画を立てていた最中にこの雪騒動である。

目が覚めるとそこは銀世界。

f:id:mozomata:20161125122649j:plain

人間が歯向かえない大自然の驚異の中で立ちすくむの図。

 

昨晩からこのように貼るホッカイロで対策はしていた。

f:id:mozomata:20161125122810j:plain

しかし、たった数枚の貼るカイロでは大した効果もなく、巣箱の気温はみるみる下がっていった。

23日夜。

f:id:mozomata:20161125123017j:plain

f:id:mozomata:20161125123026j:plain

24日朝。

f:id:mozomata:20161125123039j:plain

f:id:mozomata:20161125123043j:plain

 

3.9度って!

車を走らせ近所のホームセンターへ。大量のホッカイロを買い込む、その数120個!

 

 

ここまで読んで、「カイロ120個とかウケる 笑」と思った方もいらっしゃるかと思うが、真面目です。命かかってますから 汗。

ということで大量投入。いっぺんに突っ込んでも途中で冷えては困るので、時間差で投入することにした。

f:id:mozomata:20161125123533j:plain

これであったまってね。

 

翌朝。

f:id:mozomata:20161125123557j:plain

 

f:id:mozomata:20161125123608j:plain

すごい気温上昇!

そしてカイロはまだ暖かい!とはいえ巣箱の中は12.5度か、まあまあ。

 

f:id:mozomata:20161125123912j:plain

まだまだヌクヌク。

 

f:id:mozomata:20161125124008j:plain

犠牲になった子たちは仲間が巣の外に運び出している、ご冥福を祈ります。

 

太陽も出てきて、結構ぶんぶん飛び回っていたので一安心。

異常気象は勘弁してほしい…これからが大変だ。

f:id:mozomata:20161125124327j:plain