読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある晴れた日のミツバチ

 さてさて、受験生の皆様がセンター試験を控える今週末は寒波が吹き荒れるようですが、それに先駆け比較的天気も良く暖かくもあったので、巣箱の中を少し覗いてみることにいたしました。

 

 その数日前に、我が家の女王蜂さんが巣箱を見に行った際には、ヨーゼフ群が活発に飛び回っていたとのこと。それだけなら良かったのですが、その飛び方がなんとなく攻撃的でミヒャエル群の門番が警戒するかのように羽を震わせていたのだそうだ。前回私が巣箱を見た際には一匹も飛んでいなかったので、生存が確認されたことは良いのだが、若干不安である。

 

 巣箱内の気温はいつもと変わらず15度前後。

 まずはヨーゼフ群を開けてみた。

f:id:mozomata:20170113152739j:plain

 餌箱の中は暗くてわかりづらいかと思うが餌がかなり減っている。ハチさんたちはいっぱい餌に群がり、元気にご飯を食べているようだ。巣枠を持ち上げて中を確認することはしなかったが、ハチさんたちの数も以前とあまり変化ないように思われた。みたところ概ね順調でひとまず胸をなでおろした。

f:id:mozomata:20170113153809j:plain

 

 一方ミヒャエル群はというと、こちらはなんだか元気がない。

ハチさんたちの数も少なく、増えている様子がない。もしかすると女王がすでにいないのかもしれないなぁ…

f:id:mozomata:20170113153257j:plain